コウノ式妖怪研究工房
コウノ式 新型 妖怪図鑑 『新形画図百鬼夜行』
azukiarai
【目目連】もくもくれん
江戸後期の絵師、鳥山石燕の『今昔百鬼拾遺』にある廃屋の障子に宿る妖怪。
石燕曰く、誰もいない廃屋の障子に無数の目が広がるのは、かつての住人であった碁打ち師の念が宿ったものであるらしい。
石燕の著作以外にこの目目連の記述は見られないが、廃屋に気配を感じる怪談話は古今数多く存在する。
これも鳥山石燕の創作妖怪だろうね。廃屋の破れ障子に目が開くというシチュエーションは良い感じに怖いけど、目の正体が前の住人であった囲碁打ちの念っていう設定が微妙。「ヒカルの碁」のようにもっと美しくできなかったのか……。
「壁に耳あり障子に目あり」というくらいだから、耳耳連っていう妖怪が居てもいいのにね。ちなみに『東北怪談の旅』には空き家に泊まった旅人が目目連に遭遇したけど、目を集めて眼科に売り飛ばすというお話がある。人間怖すぎる。