コウノ式妖怪研究工房
コウノ式 新型 妖怪図鑑 『新形画図百鬼夜行』
azukiarai
【輪入道】わにゅうどう
江戸後期の絵師、鳥山石燕の『今昔百鬼拾遺』にある入道の妖怪。
車輪の真ん中に入道の顔が付いており、燃え盛りながら夜の京都の東洞院通を走り抜ける。その姿はあまりに恐ろしく、見てしまうと魂を失うという。
家の軒先に「此所勝母の里」と書いたお札を貼ると輪入道は近づくことができない。
『史記』に孔子の弟子である曾子が「勝母の里」という名を嫌い、その里に足を踏み入れなかったという話がある。
同じタイプの「片輪車」という妖怪がいる。こちらは女が車輪に乗っているのだが、魂ではなく子どもを奪う。片輪車に子どもを奪われた母親が子を思う詩を詠んだところ、子どもを返してくれたという。このタイプの妖怪は母の愛に弱いらしい。
輪入道が走り抜ける京都の東洞院通は北向きの一方通行なんだけど、これは江戸時代から始まったんだって。日本最古の一方通行道路だよ。輪入道は交通ルールを守っていたのだろうか?